トップページ>高校受験科(中1−中3)

高校受験科[中学1年生ー中学3年生]


昨今の公立高校の変革と
系列化・統廃合を進めている私立高校に対応するために
KECの40年の実績とノウハウで確実な合格を目指す
近年、近畿の公立高校入試では、次のような2つの大きな変革が目立ちます。
(1)奈良県を除く各府県で学区の統廃合が行われたり、行われようとしていることです。
(2)学力のとらえ方の変革で、「新学力観」に基いた出題の増加や調査書の相対評価から絶対評価への移行が進んでいることです。

特に(2)に関しては、定型的な知識・技能の習得だけでなく、意味や仕組みまで理解し、使える知識の習得が必要とされています。ひとりひとりの学習内容の習得度が、他の生徒との比較ではなくあらかじめ設定された規準に達する必要があるのです。

一方、私立高校では、有名私大の系列化や統廃合が進んでいます。生き残りをかけた差別化をカリキュラムや入試問題に反映させています。 これらのことをふまえてKEC家庭教師センターでは、日々の学習の取り組み方の指導や定期テスト・実力テスト対策をはじめ、公立高校・各私立高校の入試問題に対する傾向の把握と具体的な対策を万全に行います。 それは、35年の指導実績を有するKEC近畿教育学院と指導ノウハウや受験等各種情報を 共有することで可能となりました。またKECの校内模擬試験をKEC各校や在宅で受けていただくこともできます。

皆さんの今までの勉強法、問題点、現状・レベル、性格、志望校等を把握した上で、ひとりひとりに合わせた指導をしていきます。